スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --------(--) --:--:-- | トラックバック(-) | コメント(-)

水着問題に思う『道具とは?』

水泳業界は大変なことになっております。

私はバスケをやっております。バスケで言えばシューズの問題でしょうか?

オリンピックでメダルを争うような超一流のアスリートにとって、道具は大事でしょう。お互い負けじと肉体をいじめに抜いて、1秒未満のレベルでの争いとなると、最後にすがりつく部分はそういったところかもしれません。しかし我々のような素人レベルでは道具の違いで何か劇的に変化があるかと言うとそんなことありません。私は田臥君とNIKEが共同で開発したシューズと、アシックスが佐古選手の為に作ったシューズを使用しておりますが、ドリブルはへたくそです。田臥君のようなスピードは生まれません。佐古選手のような安定したプレーは出来ません。

鍛えぬいたアスリートが道具にこだわるのは当然なんですけど・・・

かつて僕がバスケを始めた頃、最高級のシューズでアシックスのポイントゲッターとジャパンと言うシューズがありました(今もあります)。佐古選手が身近にいましたので、『佐古先輩の技術をもってしてもジャパンやポイントゲッターを履かないのだから、俺たちが履いてもカッコウばかりで、シューズのよさを発揮できるわけ無いし、シューズの性能の違いなんて理解できない。』と思い、スーパーライトと言うシューズは利用しておりました。

今は技術革新と価格の安定もあり、気軽に高性能のシューズを手に入れることが出来ます。ミニバスを見ていると○○○○が金に物を言わせて、わが子可愛さに、最高級の道具を買い与えているのをよく目にします。道具が歩いていると言った感じでしょうか。この時期の子は機能よりも足に合う履きやすさが大事なんでけどね。

道具にこだわって、技術が伴わない典型的なスポーツはゴルフですね。チタンのウッドとか、よく飛ぶボールとか・・・。

そんな時代ですが敢えて言いたい。『道具が二流でも、まずは技術と体力が一流であること。』(この言葉は佐古選手のお父さんが僕たちを指導していた頃に言っていた言葉です。)
スポンサーサイト


未分類 | 2008-06-09(Mon) 22:56:10 | トラックバック:(0) | コメント:(0)
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © EASY COME,EASY GO!~何とかなるよ!~ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by 忙しくても毎日を楽しみたい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。